相対取引

相対取引(あいたいとりひき)とは、取引所を介さずに当事者間で売買方法や取引の値段などを決めて取引を行うことです。

たくさんの株を売る場合などは相場の変化を与えずに取引を行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です